スマホ決済ってどうやるの?わかりやすく説明します!

スポンサーリンク

最近、良く耳にしませんか?スマホ決済という言葉。スマホはスマートホンのことですが、これでどうやって支払いができるのでしょうか?覚えてしまうととても便利なので、ついつい買いすぎてしまうかも。わかりやすく説明します。

スマホ決済とは?

商品などを購入した時に、現金やクレジットカードを利用せずに「スマートホンだけ」で支払いをすることです。

スマホ決済にはいくつかあるの?

スマホ決済には、2種類の方法があります。

①非接触型 決済

②QRコード 決済

難しそうな言葉が出てきましたね。

QRコードは、よく見たり聞いたりして慣じみがありますね。スマホのカメラで読み込ませたりしています。

非接触型は、なにをいってるのか分かりませんね。

わかりやすく、これから説明していきますね。

ちなみに、スマホ決済で、現在、主流となっているのがこの「非接触型」で、ここ最近、急激

に広まってきたのが「QRコード」なので、覚えておいてください。

スポンサーリンク

「非接触型」スマホ決済

非接触型というのは、スマホに搭載されているICチップ内の情報を専用の読み取り装置(リーダー)を使い、無線通信することで読み取ります。

スマホに搭載されている非接触ICの通信方式は2つあります。

①Felica・・おサイフケータイが有名。

②NFC・・・多くのスマホに搭載。

参考、海外では、ほとんどが「NFC」が使われており、「Felica」は、日本・シンガポール・香港などの一部でしか使用されていません。

非接触型決済は、スマートホンをレジのリーダー(専用の読み取り装置)にかざします。

【事前準備】

スマートホンと「クレジットカード」「電子マネー」と紐づけておきます。

【主なサービス名】

・楽天Edy

・Suica

・QUICKPay

・nanaco

・iD

など、ほかにもあります。

次に、以上のサービスをまとめて管理するアプリです。

【アプリ名】

・おサイフケータイ

・Apple Pay

・Googie Pay

「QRコード」スマホ決済

QRコード決済は、QRコードを読み取る方法で、2種類あります。

QRコード ↓

QRコードには、QRコード決済アプリのアカウント情報が入っています。

①お店にあるQRコードをスマホのカメラで読み取ります。

②アプリを立ち上げてから、スマホにQRコードを表示させて、お店の方に読み取ってもらう。

【事前準備】

・スマホ決済をするときには、QRコード決済アプリへ事前にお金をチャージしておきます。

・または、クレジットカードからの自動出引き落としに設定をしておきます。

【QRコード決済の主なアプリ名】

・楽天Pay

・Origami Pay

・Line Pay

・d払い

・paypay

ちなみに、スマホ決済大国、中国のQRコード決済アプリは

・AIipay

・Wechat Pay

スマホ決済ってどうやるの?わかりやすく説明します!のまとめ

スマホをの使用方法と決済を説明してきましたが、おわかりいただけましたか?

言葉自体は難しかったかもしれませんが、使い方や決済に関しては、手間が無くとても簡単に

できますね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする