光熱費を安く!電気とガスのセットプランの選び方を簡単にわかりやすく

光熱費を安くするためのセップランの選び方を簡単にわかりやすく説明します。テレビCMやチラシでの誘いに乗ることなく、良く考えて電気とガスのセットプランを選ぶことで今よりも、光熱費を安くしましよう。選び方一つで決まります。

 

 

テレビのCMやポストに入れられた広告でよく電気とガスをまとめませんか?というのを目にしたことがあると思いますが、実際に、考えてみたことはありますか?

電気とガスをまとめるとはどういうこと?まとめると安くなります。と書かれているけど本当に安くなるの?

めんどうくさい、後にしますか。とチャンネルを回したり、広告をはい、ゴミ箱へ。このようにされている方も多いことでしょう。私もそういう一人です。

そこで、一度、ゆっくり、勉強をするつもりで、電気とガスをまとめることを調べてみました。

みなさなもちょっと時間が許す限り固定ってください。

それでは、はじまります。

みなさんは、どのように思っていますか?

家庭での電気とガスの占める割合を?

まず、入り口といたしまして、ここから勉強していきましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

家庭での電気とガスの割合は?

家庭で使うエネルギーは、普通、「電気」と「ガス」の2つを使っていますね。

この現代、オール電化という家庭もあることでしょう。また、石油ストーブや薪ストーブで冬

を過ごされる方もおられますが、主なエネルギーはこの2つの「電気」と「ガス」になりま

す。

この「電気」と「ガス」、良く考えてください。

どちらが家では多く使っているでしょう。

ハイ!正解です。「電気」のほうですね。よく分かりましたね。

 

ガスの使用は、コンロ、給湯、ガスヒーターというところですか。

一方電気となると、一年中いろいろな場所で使っています。

ちょっと昔では無かったパソコンや携帯電話・スマホなどで電気の使用は増えていることが分

かります。

ガスは、使用する季節が限定的ですよね。給湯やガスヒーターなど冬場で使用が多いでしょ

う。お風呂は一年中使用しますが、夏場では、水温が高くお湯を沸かすのに必要なガスも冬場

よりは少なくて済みます。

 

このことからわかるように、家でのエネルギーはガスより電気の占める割合が高いということ

です。

そういうわけで、都市ガスの料金が安いより、電気代の安いプランを選んだ方が理にかなうと

いうことです。

電気と都市ガスを同じ会社で申し込むと安いの?

電気と都市ガスの両方を契約しても、「セット割」が必ずしもあるわけではないです。

注意
電気とガスをセットで提供している場合、目的が顧客の獲得であることが多く、電気とガスを両方一緒に契約しても、割引があるとは限りません。

まず最初に、電気と都市ガスをセット割があるのか確認をしましょう。

電気とガスを両方一緒に契約することが一番安いということではない、ことを理解しましょ

う。

電気とガスのセット契約のメリット・デメリット

メリット

・電気とガスのセットで契約すると、料金の支払いが1本化できることです。

・電気代とガス代のトータル料金が安くなります。

 

デメリット

・どちらの料金がどれだけ安くなったのか比較できないということです。

・電力会社、ガス会社それぞれでの最安のプランに契約した方が安くなる場合がある。

 

電気、ガスそれぞれの最安プランを契約した方が安くなる可能性があります。

ここに落とし穴が隠されています。セット割と言う言葉=安くなるではなかったり、限定とい

う文字が隠れていたり。

 

落ち着いて、「セット割」と「最安プラン」のそれぞれの料金をちゃんと計算してみましょ

う。惑わされないでください。

結局、安くするためにはどうしたらいいの?

電気とガスはいわゆる「光熱費」と呼ばれるものです。

この光熱費をいかに安くすることが出来るか。

ですね。

その方法には、3つあります。

① 電気料金が安いプランをみつける
ガスよりも使用量が多いのは電気です。                       電気は、大手電力会社よりも、新電力の方が料金を安く設定しているのが多いです。電気料金のシュミレーションは、毎月の電気の使用料(kWh)がわかればすぐできます。今よりも安い電気料金プランを探しましょう。
② 大手電力会社の都市ガスを契約 !
新規参入している都市ガスの小売りでは、大手電力会社がほとんど占めています。電気の小売りのように、数も多くありません。                        現在、契約している都市ガスよりも料金が安くなるには、大手電力会社が提供する都市ガスのみです。
③ 電気は新電力、都市ガスは大手電力会社のガス
光熱費をもっとも安くできる可能性は、「電気は新電力会社」「都市ガスは大手電力会社が提供する都市ガス」ということです。
電気と都市ガスのセットもしくは、両方一緒に契約をすることが、一番安くなることではありません。

電気とガスのセットプランのメリット・デメリットのまとめ

いかがだったでしようか?

テレビのCMやポストに入っているチラシの電気とガスをセットで・・・

 

よく落ち着いて考えてみると、そうですね。と納得する内容だったではないでしょうか。

早合点や勘違いをしてしまうと損してしまいそうです。

 

再度確認しましょう。

電気とガスのセットもしくは、両方一緒に契約することが、光熱費を板版安くするわけではない。と言うことを理解していただけたら。この勉強会は成功です。

 

光熱費を一番安くする可能性がある電気とガスの組み合わせは、

電気が新電力会社、ガスが大手電力会社が提供するガス

ですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました