台風10号関東への影響は?

未分類

2019年8月11日(日)、台風10号の位置は、15時現在において、父島の南南西の海上にあります。時速10kmでゆっくりとした速度で北西方向に進んでいます。このまま進んだ場合の関東地方の影響についてお知らせします。

 

 

8月11日、現在も大型で強い勢力の台風10号の影響によって、小笠原諸島では大しけの状況に

あり、明日の12日(月)、明け方にかけて大変強い風が吹く状況となり、本日11日(日)の夜から

12日(月)にかけて猛烈なしけとなる恐れがあります。関東地方や伊豆地方でも高波に警戒・注

意が必要です。

 

関東地方には、現在の所では、海上での波のが高くなり、うねりを伴い大しけとなる恐れが出

てきました。

海のレジャーには、十分気をつけてください。

 

台風10号 8月11日現在       8月15日(木)ごろ西日本に上陸する恐れ

位置 父島の南南西

進む速さ 10km/h

進路 北西

中心気圧 965hPa

中心付近の最大風速 35m/s

最大瞬間風速 50m/s

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

台風10号の防災事項

大雨・雷

12日にかけて小笠原諸島は、台風周辺の発達した雨雲がかかり、雷を伴う雨が降り、大雨となる恐れが出てきました。

土砂災害や落雷・突風・急な強い雨に注意してください。

見出しタイトル

12日明け方にかけて、小笠原諸島では、非常に強い風が吹き11日の夜から12日明け方にかけて売る利を伴った猛烈なしけとなる恐れがあります。

関東地方の海上でも12日昼すぎからうねりを伴ってしけるでしょう。

伊豆諸島では、12日の夜からうねりを伴ってしけるでしょう。

現時点で、小笠原諸島では、台風10号の影響により、非常に強い風が吹いており、海はうねりを伴い大しけとなっている状況です。関東地方や伊豆地方の海上でもうねりを伴って波が高くなっています。伊豆諸島においては、しけているところが出ています。

関東地方と伊豆諸島では、うねりを伴った高波に警戒・注意をしてください。

風の予想

12日に予想される最大風速は、小笠原諸島で20m/s

最大瞬間風速は、30m/s

波の予想

12日にかけて予想される波の高さです。

小笠原諸島 9メートル

伊豆諸島 6メートル

関東地方 4メートル

13日にかけて、小笠原諸島・伊豆諸島は、大しけとなります。

その後は関東地方もしけが続く見込みです。

雨の予想

11日の18時から12日18時までに予想されています24時間の降水量は

小笠原諸島で60ミリと予想されています。

 

引き続き、台風10号の最新情報を確認してください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました