消費税増税10%車の駆け込み購入は買いか?いくら得となる!

2019年10月1日、消費税増税となり10%に引き上げられます。現在、マイカーを購入を検討されている方が決断するのに困るタイミングだと思います。そこで、増税前の駆け込み購入は得なのか、調べてみることにしました。参考になればと思います。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

消費税増税8%→10%負担増の見える化

車両本体価格は高額だ。

2019年10月1日、消費税が現行8%から10%に引き上げられるので

何百万という高額な車には、この消費税10%は、重い負担だ。

 

慎重にならざるを得ないと思います。

 

車の価格表示は、消費税を含む表示なので、実質は、2%の消費税分だけ

増える表示となります。

 

とはいうものの、懐は痛い!

 

車両本体価格、200万円と300万円の場合を例に考えて実際に価格表示をみてみましょう。

車両本体価格200万円 (300万円)の場合

・消費税込価格 消費税8%の場合  216万円 (240万円)

⇓     ⇓

        消費税10%の場合  220万円 (330万円)

単純比較ですが、印象は、いかがでしょうか?

車両本体価、格が高くなればなるほど、値上げ幅が大きく感じますね。

 

このように、実際に価格を表記することによって、8%→10%へ増税した金額の大きさが

分かりやすいのではないでしょうか。

消費税8%適用は車の登録日がポイント

一番のポイントと言っても過言ではないと思います。

車の購入の場合、消費税の対象となるのは、契約日ではなく、登録日だということ。

 

契約日が9月中だとしても、車の登録日が10月1日以降になってしまう場合は、

消費税は10%ということになります。

 

ご存知かと思いますが、在庫がない場合、つまり人気のある車種の場合ですと

数か月かかる場合もあります。

 

車の購入前には、必ず、在庫確認と登録日の確認は必須です。

この2つの条件が無理な場合は、駆け込み購入は、あっさりとあきらめましょう。

現時点8月での駆け込み需要の状況は「ない」

10月1日の消費税増税の話題は、当然ながらほとんどの国民の皆様は分かっている所です。

増税前の1か月と少しの現在の駆け込み状況と過去に消費税が

5%→8%に引き上げられた時のことを調べてみました。

 

2014年4月1日に消費税は、5%→8%に引き上げられたときは、駆け込み需要があった。

今回の10%引き上げの2019年7月~8月の時期に各販売店に聞いてみると、今回の場合は、

ほとんど変化が無いということらしい。

 

データからみてみると、良くわかります。

2014年4月消費税直前の国内販売は、

1月が29.4%、2月が18.4%、3月が17.4%のプラス。

 

4月の増税後というと、5.5%マイナスになったことから

駆け込み需要があったことが分かります。

 

今回のケースでは、2019年5月、6.5%プラス、6月は0.7%マイナス、

7月4.1%プラスとなっていますが、駆け込み需要とまではなっていません。

10月1日車の税率が変更される

2019年10月1日、消費税が10%に引き上げると同時に、新車などで購入するときに「自動車

取得税」がかかっていましたが、廃止となります。

 

その代わりとして、新しく「環境性能割」が導入されます。

また、「自動車税」も引き下げられます。

 

自動車取得税 廃止 ⇒ 環境性能割 導入(2019年10月1日~)

自動車税は引き下げ ⇒ 年額1,000円~4,500円の範囲

環境性能割とは

車を取得する場合、課税される税金で、環境性能割の税率は、燃費の基準値の達成度に応じて、非課税、1%、2%、3%の4段階に区分けされています。

なお、軽自動車は、非課税、1%、2%の3段階。

環境性能割の臨時的軽減による税率 

期限: 2019年10月1日~2020年9月30日

この期限内に自家用自動車(登録者・軽自動車)を購入すると、10月1日以前の税率よりも

1%減税されます。

・自家用乗用車の登録車 非課税、1%、2%の3段階

・自家用自動車の軽自動車 非課税、1%の2段階

例えば、排気量が1000cc以下で車両本体価格115万円の車の場合
消費税8%の税込価格は、1,242,000円、10%の税込価格は、1,265,000円で、23,000円の値上げ。
排気量1,000cc以下の自動車税は、登録が10月1日以降ならば、年額4,5000円安くなります。
6年乗ると、27,000円の節税となります。これで、23,000円の消費税増税分を取り戻せます。
環境性能割の軽減処置が受けられる2020年9月30日までに登録をすると、車両本体価格115万の場合、現時点で徴収されますエコカー減税を含んだ自動車取得税の23,2000円が免税(100%減税)されます。
よって、2020年9月30日までに登録をすれば、23,000円の消費税分は、環境性能割の軽減処置で相殺されて、自動車税の値下げ分だけ得をします。
2次の例は、排気量が1300ccの場合で車両本体価格1,372,000円の場合
消費税8%の税込価格は、1,481,760円、10%の税込価格は、1,509,200円で、27,440円の値上げ。
環境性能割の軽減処置が受けられる2020年9月30日までに登録すると、税率が2%→1%に軽減、現在の自動車取得税に比べ17,600円安くなります。
この時点で、27,440円増税された分が9,840円に下がりました。
排気量が1001cc~1500ccの自動車税は、年額4,000円安くなります。3年間乗った後、消費増税後に登録した方が出費を安く出来ます。

ということから、排気量1500cc以下で現時点の税込車両価格1,500,000円以下の車は、消費増税後に登録した方が得しやすいということですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました