犬も熱中症になる?その症状と応急処置!

スポンサーリンク

犬も熱中症になるのでしょうか?熱中症は、人間特有なものか、毎年、暑い夏を迎えるとテレビなどでニュースとなります。犬が熱中症にもしかかったとして、どのような症状になるのか、応急処置はできるのか調べてみました。

犬の体質知っていますか?

熱中症は、犬も猫もなります。

そして、統計上では、犬のの方がねっち熱中症にかかりやすいと出ています。

おそらく、犬の方が外出が多いからなんでしょうか。

犬は、人間のように「汗」をかきません。

皆さんは、ご存知のように、人間は「汗」をかくことによって

体温を一定に調整しますね。

しかし、犬の場合、「汗」をかかない動物なので

体温を調節することができません。

犬の場合、どうしていると思いますか?

そうですね。口を開けて「ハァー、ハァー」します。

このしぐさを専門用語で、「パンティング(開口呼吸)」と呼びます。

しかし、犬は、夏の季節や直射日光、炎天下、風通しの悪く湿度が高い場所などでは

体温は下がりませんね。

犬も熱中症になるのか?

犬が、そのような環境下の中でも、散歩しなければなりません。

また、夏場などで窓を閉め切った部屋や車内にいたりすると

熱中症となる可能性があります

熱中症になると、体温の急激な上昇により脳の温度も上がります。

そうすると、体温調節機能が低下し、さらに体温が上昇するという

悪循環になります。

スポンサーリンク

犬の熱中症の症状

そのような悪循環に入ってしまうと、

・体温(直腸温)は、41℃~42℃まで上昇。

・舌は、鮮紅色から紫色に変色。

・さらには、ショック症状となり亡くなってしまいます。

熱中症のサイン

・大量のよだれが出ている。

・「ハァー、ハァー」と息苦しい呼吸。

・ぐったりとして動かない。

・食欲が無い

・ふらふらしている

・体がけいれん

・水を飲まなくなった

・発熱

・下痢

・おう吐

熱中症になりやすい犬種

・「シーズー」「パグ」「ブルドック」「ボストン・テリア」「ペキニーズ」という短頭種。

・その他、幼歳種、高齢犬、太っている犬、心臓や腎臓、咽頭に病気がある犬など

犬の熱中症の応急処置!

ということで、犬も熱中症にかかります!

熱中症の症状が出たら、応急処置をするまでの時間がとても大切となります。

その手当の状態で大きく変わります。

あくまで「応急処置」なので、動物病院でよく見てもらいましよう。

理由は、

熱中症により、多臓器障害をこき起こす恐れがあるため。

応急処置により、落ち着いたように見えても無い臓器がダメージを受けており

急変することがあるそうです。

応急処置

・冷たい水などで、体全体を冷やします。氷水は急激すぎるのでNG。

首・脇・後足の付け根を冷やします。

・風通しを良くして、扇風機などで涼しくし十分な換気を行います。

・水を飲める状態であれば、飲ませる。無理には飲ませない。

・口の中のよだれをぬぐいます。

・意識がないようであれば、頭を氷で冷やします。

・体温をチェックし、39.5℃以下であれば冷やすことを辞めます。

熱中症を予防するために

犬の熱中症は、当たりまえの事と思いますが、飼い主さんが気を付けることで

防げる病気です。

熱中症防止策

・散歩する時間帯に気を付けます

夏場では、アスファルトの道路上は、なんと60℃近くにも達します。

足裏の肉球もやけどの恐れがありますので、散歩は、早朝や夜間がいいでしょう。

・車内に放置してはいけない

エアコンを切ってから5分後で10℃上昇します。1時間後には、50℃にも達します。

・水をすぐに補給できる環境にしておく

・室内は風通しを良くしておく

犬も熱中症になる?その症状と応急処置!のまとめ

当然と言えば、当然でですが犬も「熱中症」になります。

汗をかかないので、熱中症となる前の段階がよくわからないと思います。

飼い主さんのきめ細かな対応が必要となります。

熱中症の症状のサインがみられたら、すぐに応急処置をしてあげましょう。

応急処置は、大切なペットの命を守る大切なものなので、早めの処置が必要です。

基本的には、汗をかく人間と同じような対応でよろしいかと思います。

ぜひ、飼い主様へのお願いです。

人間と同様に環境が悪いと熱中症にもなってしまいます。

とくに暑い夏場とか車内に置きっぱなしとかは、最新の注意を払っていただき

人間ともども体調管理に注意をしてください。

楽しいペット生活を。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする