家庭用蓄電池を選ぶポイントは7つで3種類!わかりやすく解説します

スポンサーリンク

家庭用蓄電池を選ぶときのポイント4つを、誰にでもわかりやすく解説します。家庭用蓄電池は、突然の停電などで、非常用の電源として関心が高まっています。種類も多く、いざ選ぶとなると、何を判断材料とすればよいのでしょう。分かりやすく解説いたします。

家庭用蓄電池の選ぶポイントは、7つで3種類!

7つのポイント

①容量

②出力

③寿命

④価格

⑤蓄電池の大きさ

⑥太陽光発電と併用か

⑦保証期間

タイプは3種類

①定置(独立)型

②連係型

③電気自動車(EV)型

以上の7つのポイントと3種類のタイプについて、分かりやすく解説していきます。

家庭用蓄電池のポイント①容量

貯められた電気の量は「○○kWh」「○○Wh」という単位で示します。

この「○○」の部分の数字が大きいほど、電気を大量に蓄えられ、使用時間も長くなります。

定格容量と使用可能な容量

カタログなどに定格容量○○kWhと記載の場合、実際に使用する可能な容量は、○○より

少なくなります。全部は、使用できないということです。

出典:www.karaki-d.co.jp

その理由は、リチウムイオン電池の特性で、過充電・過放電に弱いために、充電100%、

放電を0%までしないように制御されています。

そのため、定格電流だけではなく、使用可能な容量も確認しておきましょう。

電力(W:ワット)=電流(A:アンペア)×電圧(V:ボルト)

で、電力に電気を使用する時間(h:アワー)を掛けると

電力(W:ワット)×使用時間(h:アワー)=電力量(Wh:ワットアワー)となります。

電球(100W)を2kWh(2,000Wh)の蓄電池で使用した場合、

2,000Wh÷100W=20h

20時間使えることが分かります。

容量がどのくらいあると、何時間、どれくらいの家電を使用できるのかが大切です。

スポンサーリンク

家庭用蓄電池のポイント②出力

容量がどのくらいあると、何時間、どれくらいの家電を利用することが出来るのか

大切なポイントとなります。

家庭用蓄電池のポイント③寿命

家庭用蓄電池の寿命とは、充電と放電を繰り返していくと蓄電容量が徐々に減ります。

この充放電の回数のことを寿命といっています。

永久的に使用できるわけではないということです。

家庭用蓄電池のポイント④価格

技術革新と共に、蓄電池の価格は、安くなっていきます。価格の下落に比例して

「補助金の額」も下がります。

いつ設置をしても、この「補助金の額」を調整して、実質価格は一定になるような仕組みにな

っています。

出典:www.karaki-d.co.jp

メーカー別オープン価格(税抜)

・パナソニック(5kWh)      99.8万円

・シャープ(4.8kWh)       180万円

・NEC(5.53kWh)         240万円

・京セラ(7.7kWh)          240万円

・東芝ライテック(6.6kWh)    270万円

・フォーアールエンジー(12kWh)  335万円

家庭用蓄電池のポイント⑤蓄電池の大きさ

家庭用蓄電池には、「屋内型」と「屋外型」の2種類があります。

・屋内型の大きさは、大体の目安は、エアコンの室外機1つより一回り大きめ。

・屋外型はエアコンの室外機2つ分より一回り大きめ。

重量が気になるところで、各メーカー、製品によりさまざまで、

おおよそ70kg~250k程度です。

屋内型を設置する場合、この重量を考慮し、床の強度を確認しておきましょう。

家庭用蓄電池のポイント⑥太陽光発電と併用か

太陽光発電との併用が抜群にいいです。

太陽光発電を設置してある場合は、併用した場合の効果の確認をしましょう。

家庭用蓄電池のポイント⑦保証期間

メーカーにより、補償内容は違うので、内容と期間をしっかりと確認しましょう。

その他

騒音 約35db~40db以下で、エアコンの室外機よりも静かなレベルです。

しかし、室内型の場合は、この騒音が気にならない場所に設置しなければなりません。

家庭用蓄電池のタイプ3種類

①定置(独立)型

出典:蓄電ナビ

②連係型

出典:蓄電ナビ

③電気自動車(EX)型

出典:省エネドットコム

出典:省エネドットコム

家庭用蓄電池を選ぶポイントは、4つ!誰にでもわかりやすく解説しますのまとめ

各メーカーや製品により、様々な特徴があります。

また、総費用も考え、自分の家庭に合った使用方法を明確に

しておくと、家庭用蓄電池を選ぶときに、時間はかからないでしょう。

くるまを買い替える予定がある方は、電気自動車を家庭用の蓄電池として

考えると、電気代ゼロも夢ではありません。電気自動車を家庭用の蓄電池

として利用するのには、それに対応した電気自動車が必要となります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする