いま話題沸騰のディスプレイオーディオとは?その使い方を簡単でわかりやすく説明

ディスプレイオーディオ

いま、話題沸騰のディスプレイオーディオに注目しました。ところで、このディスプレイオーディオとは?一見カーナビそのもののようです。クルマ業界では、今最も注目されているディスブレイオーディオについていろいろな最新情報をまとめました。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ディスプレイオーディオとは

「ディスプレイオーディオ」の外観です。一見、カーナビ。

出典元:CarWeb&レジャー

「ディスプレイオーディオ」は、一見、カーナビのようですが、

実は、「ナビ機能」が装備されていません。(TV機能・CD・DVDもなし)

(従来のナビ機能やTV機能は、オプションで用意されています)

また、グレードによっては、「CD」や「DVD」がついてるものあります。

 

えっ、この時代に「ナビ」が無いなんて考えられない!

と思われた方も多いと思いますが、安心してください。

 

スマートフォンをディスプレイオーディオと連携※することで、

スマートフォンの「ナビアプリ」を使用することが出来るようになるのです。

※連係するには、「USBケーブル」が必要となります。

Apple CarPlay/Android Autoは、USBケーブル接続し、Smart Device Link(SDL)は、

USBケーブル接続とBluetooth接続が必要となります。

出典元:ベストカーWeb

スポンサーリンク

ディスプレイオーディオの標準機能(トヨタの場合)

・ラジオ(AM・FM)

・Bluetoothオーディオ

・ディスプレイ連動USB端子

・DCM(通信機器)

・バッグガイドモニター(ハンドル連動)

・T-Connect通信(一部のみ・T-Connect契約が必要)

・トヨタスマートドライブリンク(Smart Device Linc・SDL、スマホ連動アプリ)

スマートフォン専用アプリが使用することができるようになります。

スマートフォンとBluetooth接続で、LINEカーナビなどのスマートフォンに

ダウンロードをしてあるアプリを利用できるようになる

・Apple CarPlay/Android Auto(2020年6月の新車から)

USBケーブルでスマートフォンを接続すると、電話・メッセイジ・音楽アプリ

MAPなどが利用できるようになる

ナビ機能がないディスプレイオーディオのメリット・デメリットとは

<メリット>

・普段使用しているアプリが、そのまま使用できること(メール・電話など)

・「ナビアプリ」の情報が、アップデートの更新により、常に最新の状態で使用できる

このことは、手間がかからず、とても便利である

<デメリット>

・接続や操作が複雑

・社外品ナビに付け替えが出来ない

・「ナビ」を使用するときの通信費が発生する。

・場所により、スマートフォンが「圏外」となった場合、ナビ機能が停止してしまう

・ナビ機能や音楽再生を連続した場合、スマートフォンのバッテリー消費が大きい

・HDMI端子などがないので、動画も見られずゲームもできない

・ディスプレイオーディオにスマートフォンを接続するのにUSBコードが必要なことと

スマートフォンと車の設定方法がわかりにくいなど、初心者には、難しい。

ディスプレイオーディオが標準装備の日本車

日本車において、この「ディスプレイオーディオ」が「標準装備」されているのが、

トヨタが9車種、三菱が3車種となっています。

 

・トヨタ

「ヤリス」、「ライズ」、「カローラ」、「カローラツーリング」、「C-HR」、「カムリ」

「アルファード(一部グレード)」、「ヴェルファイア(一部グレード)」、「グランエース」

・三菱

「エクリプスクロス(一部グレード)」、「アウトランダー(一部グレード)」、

「アウトランダーPHV(一部グレード)」

いま話題沸騰のディスプレイオーディオとは?その使い方を簡単でわかりやすく説明のまとめ

最新の「ディスプレイーデスオ」は、いかがでしたか?

使いやすさは感覚的には、スマートフォンに使い慣れている方は、ディスプレイオーディオも

問題なく、使いこなすことでしょう。

 

現在、従来のナビを使用されていて、慣れている方でスマートフォンの操作は、いまひとつ

と感じられている方は、今現状のナビでよいのかも。という感じですね。

<デメリット>をよく読み判断してください。

 

ディスプレイオーディオは、いまのところ「知識と慣れ」が必要な段階のものです。

これから、もう少し待てば、使いやすく進化した製品となることでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました